Webサイトのリニューアルと弊社の現況について(20年3月27日)

こんにちは、プリンシプルズの藤波です。

この度、クラウド研修事業の正式開始に先立ち、ウェブページを全面的にリニューアルしました。これまで、手作りの怪しげなウェブページでしたが(苦笑)、これからは積極的に更新していきたいと思います。

この機会に、弊社の歩みと事業の近況について簡単に紹介させていただきます。

弊社の歩み

弊社は2016年8月に創業しました。創業から2018年までは、私が講師を務め、少人数ゼミ形式の会計・ファイナンスの講座を個人向けに提供していました(詳細は過去ブログを参照)。私の前職は投資銀行でM&Aの現場におり、「教える」ことは未経験でしたので、講座の制作・提供を通じて「優れた教授法」の確立に努めました。

2018年からは、いわゆる集合研修の形式で、法人研修の提供を始めました。この経験を通じて、企業にとって意味ある「トレーニング」とは何かを学ぶことができました。

クラウド・ラーニング・システムの提供開始

そして、2019年から、いよいよ次世代のトレーニングを実現するべく、独自のクラウド・ラーニング・システム「BizObi」(登録商標出願中)の提供を試験的に始めました。これまで利用いただいたお客様の反応は好評で、もう少しで正式ローンチを皆さんにお知らせできます。

弊社のゴールは、「仕事に役立つ」「できるようになる」トレーニングを顧客へ提供することです。これらは本当に「言うは易く行うは難し」です。皆さんがご自身の経験を振り返って、どれだけ「本当に仕事に役立った研修」があったでしょうか?あるいは、どれだけ「本当に仕事で役立った学校教育」があったでしょうか?私たちはふたつのアプローチでこの理想を実現しようとしています。

第一は、学ぶコンテンツへの徹底したこだわりです。現時点で、弊社が提供するトレーニングの領域は、会計とファイナンスですが、受講者が自分で仕事に取り組めるようになるよう、専門家が現場の暗黙知を徹底的に言語化しています。私がこの分野をリードしているわけですが、現在提供しているコンテンツは、創業以来もう何回作りかえたかわからないほど練り込んだものです(過去のバージョンでも、受講者の満足度は十分に高かったにも関わらず)。「仕事に役立つ」「できるようになる」を本当に実現しようと思ったら、執念と言えるほどのこだわりが必要であることを実感しています。

第二に、学びのスタイルへの徹底したこだわりです。学びの科学に基づき、理想の学びを実現しようと思ったら、「私」が教える伝統的な集合研修のスタイルでは限界があるので、トレーニングのシステム化を進めることにしました。そして、既存の教育サービスやシステムを見渡しましたが、理想を体現したものがないので、自社でシステムを開発することにしました。このあたりは、改めてどこかでご紹介させていただこうと思います。

本当のスタートに向けて

弊社は創業から4年目ですが、はじめの3年間は、個人向け・法人向けに私がハンズオンで研修を提供し理想の学びを追求する「試行錯誤」の時期でした。そして、理想像が見えてくる中で、優れたエンジニアとコンテンツ制作者を迎え、本当の意味で革新的な新しい学びのサービスをより多くの方に提供できるようになるのが、この2020年であると言えます。

プリンシプルズは、クラウド研修事業の正式開始を持って、本当の意味で「スタートアップ」としてスタートを切ることができます。多くの方に価値あるトレーニングを届けられるよう、努力を重ねてまいります。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

プリンシプルズ CEO 藤波 由剛